Laralastudio  

◆Laralastudio ◆News ◆Profile ◆Discography ◆Video ◆Contact



2017.06.17 ネット音楽マーケットイベントAPOLLO第6回参加します。
Laralastudio「improvisation Life」と、Mimisの3アルバムをAPOLLO期間限定でフリーDL可能です。
「Improvisation Life」はオフボーカルバージョンを収録。
Mimisの1st.album「Mimis」は特典として、オーディオコメンタリーと、音源未収録曲「Overclock」を収録してます。

3Dシューティングゲームに書き下ろした新曲「Phantastic Toryno World」をリリースしました。BOOTHにてフリーDLできます。



2017.04.11 M3春 2017.04.30 東京流通センター え-14a
頒布物はLaralastudio「0とビー玉」Mimis「そんなこともある」の新譜ふたつと、旧譜をひととおり持っていきます。

新曲「0」

「エビフライ定食」

新譜
2017.04.22 「0とビー玉」の試聴short versionをアップしました。

「そんなこともある」の試聴をアップしました。

楽曲提供
もちこまめさんのアルバム「Marcia」に「good night goood ending night」という曲を提供させていただきました。第二展示場2F ケ-33a「liqueurprime」にてお求めいただけます。
「Marcia」 会場頒布価格 1000円 全8トラック 藍月なくる、まめこ、ななひら、鳴紗、冬乃桜、彼方をゲストボーカルを招いた超豪華、もちこまめ1stアルバム☆彡


頒布旧譜一覧
◆Laralastudio「strang haired girl」\500

◆Laralastudio「OZ」\500

◆Laralastudio「さよならプラネット/チョコレイト」\500

◆Laralastudio「Hello shooting star」\500

◆Laralastudio「僕がギターを弾くのなら」\500

◆Laralastudio「ひかりの速度と君の呼吸」\500

◆laralastudio「Improvisation Life」\1000


◆Mimis「Mimis」\500

◆Mimis「きみにふれたい」\500

Mimisの「Remain/ねこころり」は完売いたしました。DL販売をご利用ください。

2017.03.18
6th epより「どこまで」をアップしました。こちらもちょっと変わってるかもしれません。
これもすごいお気に入りでして、もうすこしこういう曲も書いていけたらいいですね。
ボーカルはぴーたまさんです。


2017.03.11
ひかりの速度と君の呼吸をアップしました。ちょろっと変わってるかもです。
実は一番のお気に入りの曲だったりします。
ボーカルは町乃さん。
今日からM3まで、できるだけ週一でなにかしらアップしていきたいと思います。
新譜については4月の後半からになるかと思います。


2017.02.17
本年もよろしくお願いします。
春M3受かりました。2017/4/30(日)第二展示場1F スペース番号 え-14a Laralastudioになります。
Laralastudioでシングル、Mimisでミニアルバムを予定してます。
いろいろ決まったらお知らせしていくと思います。

以下雑文







出不精だなあと思っていて、出不精であることで迷惑をかけないように出不精カミングアウトしながら生きているんですがどうも出不精というには違う気もしてきました。
普通にいきたいところにはいくわけだし会いたい人には会いにいきます。どこからが出不精ということになるのかよくわからなくなってきたので誰かに教えてもらいたいです。

ボードゲームが面白くて去年の末からちょいちょいやってます。誘った友達がはまっていく様がなんとも面白いです。
ボードゲームの話するときちょっと気持ち悪くなってると思いますが自覚はちゃんとあります。まだ大丈夫。ボドゲやろうぜ。

スマホをぜんぜん使わなくなってしまい、どうしたものか。出先で多少困る気がするので公衆電話のように公衆タブレットあったらいいなと思います。10分100円くらい?

「老い」ついてよく考えます。
身体的なものは別に面白くもないですが、精神的なもののほうです。
やっぱり好きなものだけに囲まれて暮らそうって発想に自然となっていく気がしてます。
でもそれが行き過ぎると多様性みたいなものを受け入れにくくなるのかなと。
でも、家族のことでさえ僕はよく知らなかったりするし、友達の考えることなんかで驚くこともしょっちゅうなのでそういうのが柔軟に受け入れていければ大丈夫なのかな。

これからは年間行事みたいなものをスルーしていこう、とか思ってたんですが、うっかり「本年もよろしくお願いします」とか書いてるのに気づいてなんてこったい









2016.12.29
Improvisation Lifeの通販がamazonで開始されました。


Improvisation Life きみにふれたい 異世界コンピ「tattva」 都会の街の真ん中で、私は君に

2016.12.29

Laralastudioのアルバムについて。
すこし前に書いた文章なので、多少違和感みたいなものがあるのですがそのままにしておきます。

1st albumという表記についてですが、今までのe.pとして出していたつもりだったのでアルバムというくくりでは一枚目かなと思ってのことです。
strange haired girlの特設に1st albumって書いてある気がしますけどそれはみんなには内緒です。


1.Improvisation Life
ピアノのインスト曲。いつかアルバムを作るならこんな風にはじめたいなとずっと思ってました。ずっと前から好きでした。
ジャケットのイラストがあがってきてから書きました。曲からイラストを描いていただいたのでその逆のことをしたかったのです。
ピアノはもっと余地があるのでもうすこし弾きこなしたいですね。
ジャケットは伊藤みゆきさん。素朴で飾らない感じがとても好きで、今回お願いして本当によかったなと思ってます。

2.彼方まで
アルバムの1曲目としてなんとなくだいぶ前からその位置が決まっていたような気がします。結局2曲目になってしまうわけですが。
あきらめてしまったけどまたいちからはじめようと思った人の話です。
あきらめてから、またはじめるまで、一度あきらめた事実を受け止めないといけないのかなと思います。
アレンジで苦労してしまいました。細かいところをのぞけば曲自体は2015年の9月に出来ていたみたいです。

3.不眠症
タイトル、結局仮タイトルのままそのままありのまま。
眠れぬ夜というのはまあみなさんご経験あるかと思いますが。というかない人はいないはずだと思ってるのですが。
最近はスクワットして無駄なエネルギーを使ってしまえばさくっと眠れるような気がしています。おすすめの安眠法です。
録音にあたってキー変更が何度かあってもうどのキーが正しいのかよくわかりません。
ギターのリフが印象的かと思いますがピアノもいい味出してるはずです。左で鳴ってます。
サビを書いたあとにメロを書いたのですが、サビがダサすぎることに気づき、書き直しました。あまりメロディは動きませんが気に入ってます。

4.恋する世界はあいまいだ
こういう町乃さんに歌ってもらう曲を書く時はなんか別のモードになってる気がします。
不思議とメロディを大事にすることになって和音で悩むことがないです。
歌詞に意味がなく、もっと意味がないほうが心地いいんだろうなあなんて思います。
ギターを1本ちょろっと弾いた以外は打ち込みの音ですね。もっと打ち込みメインの曲も作りたいですね。

5.気づいてくれない
木尾士目先生のげんしけんのスピンオフっぽい作品に「spotted flower」という作品がありましてなんとなくそれから着想をえています。(この着想を得るとかいう言い回しがそれっぽいので使ってみた)
男子諸君はもっと察しがよくならなくてはいけないのでしょうか。わかりませんがこの歌はそんな歌かもです。
今気づきましたが、この歌ではひたすら文句を言ってるのかなと思ってたんですが、「気づいてくれないからもっとはっきり伝えなくちゃいけない」、ということに気づけたのかもしれませんね。
おしまいの歌かと思いましたがここがはじまりなのかもしれません。

6.マリンスノー
失恋を俯瞰なく歌ったら、ということを突き詰めてみた歌詞です。
時間が経てば気持ちも考え方も変わっていくのでしょうけど、そういうことを含めないで。
マリンスノーとは深海に降る雪。プランクトンなんかの死骸のことです。
ドラえもんでドラえもんが休んでドラミちゃんがのび太の世話を焼く回があってそれでマリンスノーのことが出てくるんですが、この曲を書いてるときそれを読んで取り入れました。
別のアレンジバージョンを作ってみたい曲。前半、ドラムを早めにいれたいんだけどもっとあとからでもよさそうですね。
2番のAメロがない構成になってますが素直に2番のAメロを作っていればそういうアレンジになったことでしょう。
間奏などに使っている水の音を作るのが楽しかったです。

7.ほしのむこう
ギターをぽろんと弾いて、ああシューゲイザーにして町乃さんに歌ってもらいたい、と思ってできた曲。
シューゲイザーによくわからぬ憧れがありますが、いつかもっとシューゲイズしてみたいですね。
メロディから出来る曲、歌詞から出来る曲、いろいろありますがこれは町乃さんのシューゲイザーで最後語りをいれる、というのがやりたくて作った感じです。

8.New song
地味なタイトルです。どうしてこういうタイトルなんでしょうね。
がんばった自分やなにかをなしとげた自分、そういうものを自分でほめてあげることはあるし大事なことだと思います。
でもなんにもしないでぼけーっと生きてきて、周りに比べて周回遅れになってしまっているような自分を認めてあげるというのもいいんじゃないでしょうか。
なんとなくそんな価値観に気づきました。
僕自身、ぼんやり生きてきてしまってて、そんな人生を肯定するのはとても難しかったのですが。まあ自分への歌なのかもです。というかそうです。
なにか自分で気づけたことを歌詞に表せてうれしい。伝わってるかはわからないし、受け取り方は自由ですけど。
この曲の歌詞についてはすごくいろいろ話したいです。だれかそのうちきいてあげてください。
この曲だけ唯一「君と僕の歌」じゃないんだなあ。(糸井重里風)

9.PUZZLE
アルバムの最後は明るい曲でなくっちゃよ。そうでなくちゃ。
余談ですが、というかここに書かれていることすべてが余談ですが、サビのあたまのメロディははっきりしないけど7年くらい前にあったもので、いろいろな偶然とかが重なってこのタイミングでひっぱりだしました。
その時のタイトルもPUZZLEで、そのことからサビの歌詞をつめていった感じ。
ブラスをまともに入れたのははじめてで、大変だけど楽しいのでまたやりたいです。
Dメロの「雨が降ったら 雨宿りをして」という歌詞。なんてことないんですが、こういうのが好きでいつも探しています。
こんな風に無地の歌詞のほうがいろいろ想像しやすいんじゃないかなあ。

という感じでアルバムの解説というかなんかよくわからないやつでした。
次回作についてですが、今回気を張りすぎてしまったのか、ぼんやりしてる時間が長いです。
ぼんやりしてればまたなにか出てくるかなと思ってましたが、そんなうまい話はなく、どうも手を動かさないとダメみたいです。
一度音源を作ったあとは部屋の掃除をしないとやる気がわかない、ということに最近気づいたのですけど、今回かなり模様替えしたにもかかわらずなかなかやる気がでない。
部屋の中だけではだめかと、ほっておいた押入れを本日なんとかしてみました。それにともなっていくつか楽器やらレコードプレーヤーやらとさよならします。
粗大ごみを出したり、ものを売りにいったり、労力が伴います。誰かうちにいいタイミングできてさっといらないものを持っていってほしい。
あまり自分のものなどと執着もしたくないです。「それはだめ」などといわずに持っていかれてみたい。あとで非常に困るでしょうけど。
2016.11.16
M3おつかれさまでした。なんとか無事2枚出せました。またがんばりますのでまた遊びにきてください。
自分の新譜以外にも参加してたのがあってその情報をのせないままM3が終わってしまいました。
もちこまめさんの企画CDにFluffという曲を書き下ろしました。
ご依頼はまた別の難しさがあって面白いですね。普段やらないことも入れてみたつもりです。とてもすてきな歌が入って満足です。
もうひとつはコンピレーションアルバムに参加しました。テーマが独特で苦労してしまいました。いい経験になったなあと。
そして、ありあまっている時間を使ってMimisの新譜についてなんとなく書いてみようかなと思います。

1.touchless
Juniくんの曲で意欲作感が強い曲。イントロの逆再生の音とかピアノとか意欲作感がとてもあります。
今回リリース前にJuniくんの曲をのんびり聴く時間がとれなかったのM3終わってからじっくり聴いてみた感じです。
アレンジのかっこよさに耳を奪われがちですがこの曲メロディがとてもいいです。今度耳コピしよう。
どうしても身近な人の曲ということで今までリスナー視点で聴けなかったのかもしれないなとこの曲で気づきました。
この曲はリスナーとして楽しんでしまいます。

2.SNSで知り合った君の名前を僕はまだ知らない
タイトル落ちの曲です。歌詞のテキストファイルを見るに2014年の10月とかに作ったみたいです。今回収録するにあたって歌詞を数行なおしたり追加して完成。
シンプルなサウンドにしたくて、まあ、とてもシンプルな構成です。
シンプルな構成というのは演奏能力が問われそうでとても怖いですね。結局いろいろ考えてもしかたないし締め切りもあるしでベースとギター2本一晩で録りました。
SNSで知り合うなんてことは今では普通すぎてたいして話題にもならないのかななんて思います。なのでこの曲で歌ってるようなことはすでに古い感じしますね。
下心とかないんですけどと言いつつ近づいて、でも、もしあなたさえよかったら、なんて結局下心あったんですね乙ですというお話です。でも下心のない人間なんているんでしょうか。

3.誰かの隙間
Juniくんの曲です。今回僕も1曲アコースティックギターと歌のみという構成の曲がありますが、もう1曲出てきていい感じにバランスとれたような気がします。
いちいちアコギなんかも上手いなーと思います。後半はいってくるギターと歌がとても効果的。
「愛は育たない」って歌詞がいいですよね。そうか、愛って育てるもんやったんや。

4.僕の風船
以前hagというユニットをやっていまして、その時に作った曲です。他のメンバーの書いた詩に曲をつけたやつです。多少歌詞も手伝ったかも。ちょっと前の話になるのではっきりしないですね。
人の書いた詩に曲をつけるというのは曲を作り始めた頃から結構やっていたのでもしかすると得意かもしれません。誰か歌詞送ってきてくれないかな。
詩に表情があるとそれを読むだけで済むのであまり時間をかけずに作れてなかなか気持ちのいいものです。
ちいさな子供と風船のお話ですが、親の視点になったり、すこしお兄さん(お姉さん)視点になったり面白いなと思います。
2011年くらいの曲かなあ。ドラムはJuniくんに打ち込んでもらいました。

5.ツインズ
Juniくんの曲でなんとなく前作を思い起こさせるような曲です。
逆に言うとあとの2曲が新しい引き出しだったのか、と気づきます。もっとJuniくんの引き出しを見せてもらいたいですね。
soundcloudにフルverを公開したみたいなのでぜひぜひ。

6.猫よ
ゴロゴロと寝転がる猫を見て今年の夏に書いた曲です。
僕の猫缶ならぬ猫観が詰まってると言っても過言ではないこともないです。
Mimisはじめて改めて思ったのが自分が歌う曲だとすこしいい加減に作っても許される感じがあって、これがとても気楽でいいです。
気負ってもいいもの出来るとはかぎらないというかまったく逆だなあと思う日々です。
一字一句残さず好きな歌詞がかけてよかった。

たまにここに散文を書いていこうかなと思います。

2016.10.15 Laralastudio 1st album 「Improvisation Life」のトレーラーを公開しました。



2016.8.17 Phantastic Toryno Worldのパイロット版PVを公開しました。

memo
◆2016.8.17柏崎ワロタロさん(twitter.com/warotarock)の手がける「Phantastic Toryno World」という3Dシューティングゲームを手伝っております。
音楽とかPV製作、その他いろいろやってます。製品化はまだですがPV見て気になったらチェックしてみてください。

◆2016.8.22秋M3の参加が決まりました。スペースは第一展示場G-07aになります。準備を虎視眈々としてます。
Laralastudio、Mimis、共に新譜を出せそうです。その他の参加もあるかもです。

◆コンテンツにVideoを追加しました。

Laralastudio all rights reserved



inserted by FC2 system